透明感の出るファンデーションと素肌づくりの方法

  • 薄く塗ると毛穴、シミなどがカバーできない
  • 厚く塗るとマット感が出て重くなる
  • 敏感肌でニキビができたり荒れる

だからパウダーファンデーション…でもパウダーだと透明感が出ない…

自然でカバー力もあって透明感が出るファンデーションはないものか?

実を言うと、透明感が完璧なファンデーションというのはありません

しかし、100%でないにしても、それなりに透明感があるように見せるはあります

RMKやアディクションのファンデがいい感じ

透明感で評判のブランドは?

RMKやアディクションが評判がいいようです。

確かに透明感が出ます。

ただ正直カバー力はイマイチだと思いますね。非常にいいファンデーションなのですが。

薄付きさせたときに非常にツヤ感が出ます。なので透明感はバッチリ。

ただ毛穴や色むらをカバーするとなると厚めに塗ることになり、特に皮脂くずれしやすい人はツヤ感とあいまってテカリに発展します。RMKなどのファンデーションは、あくまで薄付きにしてこそ良さが発揮されると思います。

薄付きでも綺麗に見せる性能がある=透明感がある

だから肌色にムラがない、毛穴やシミの悩みがない人なら、特に私はRMKのファンデーションが透明感ファンデなのでは?という気がしています。

肌悩みがある人はリキッドじゃないと透明感は出ない

やっぱりパウダーよりリキッドが透明感が出る?

素肌に自信があるならパウダーがベスト!

素肌がきれいな人はパウダーのほうが透明感が出ます。

でも肌悩みがある人はリキッドじゃないとダメですね。パウダーだと透明感うんぬんの前にカバーしきれず、またポロポロ崩れたり不自然な感じになることもあります。

なぜパウダーファンデーションは素肌の綺麗さが条件なのか?というと、地肌が透けて見えるのと、肌水分量と皮脂量のバランスが良くないと簡単に崩れる、薄付きできないからです。

パウダーはリキッドと違い、肌をベタッと覆いません。なので素肌の色が透けて見えます。焼いた食パンと焼いていない食パンに、白い砂糖をふりかけていくと、やはり焼いて茶色くなった食パンは砂糖をかなりかけないと茶色いのが見えますよね?これと似たようなものです。

肌に色ムラがある人はパウダーを使うと…

またパウダーファンデーションはリキッドと違い水分と油分を含みません。肌との密着は肌自身が持っている水分と油分になります。

素肌が綺麗な人は間違いなく肌水分量と皮脂量のバランスがいいです。同時にキメも細かいため、皮脂が均等に薄く肌に伸びています。

だからパウダーのノリが良く一箇所に固まったりヨレません。そして崩れない。でも肌悩みがある人は、だいたい乾燥気味。そして皮脂バランスも悪い人が多いです。キメも荒れ気味。

こんな人がパウダーファンデーションを使っても透明感は出ないし、何より見た目はひどくなります。

元から素肌の色にムラがあるのに、パウダーをつけるとさらにムラが強調されるだけなんです。

透明感が出ると噂のファンデでも少し塗り過ぎたらアウト!

リキッドファンデーションは厚塗り感、マット感が出て透明感が出ないのでは?

透明感がない肌に透明感を与えるなら、断然リキッドのほうが出ます。

厚塗り感、マット感が出るのは各ファンデーションの違いでもありますが、基本的に塗りすぎるとどんなリキッドファンデでもダメです。透明感は消えます。

RMKは非常にいいファンデーションですが、あれだって塗りすぎるとダメです。

結局のところ、どんなに透明感が出るファンデーションがあったとしても、カバー力と同時に満足できるのはほぼ不可能なんです。

リキッド+パウダーでも透明感は出ない

リキッドファンデーションにパウダー仕上げで透明感が出る組み合わせは?

リキッドファンデーションでマット感が出ても、上からフィニッシングパウダーで仕上げればマット感は消えます。

でも透明感は思ったより出ませんよね?

これって、透明感と感じている条件を再現できていないんです。

パウダーファンデーションは素肌が綺麗じゃないと透明感が出ないと書きました。これは素肌の色がベースとなり、それと相まって透明感が出るからです。

しかしカバーを意識したリキッドファンデーションを塗った状態というのは、その綺麗な素肌とは全く違う状態なんです。だから上からパウダーで仕上げてもダメというわけ。

シミ・毛穴・シワは100%カバーするとアウト!!

肌悩みもカバーできて透明感もそこそこ出るファンデーションはある?

100%の透明感満足は難しいですよね。でもそこそこの透明感でいいなら、とにかく柔らかくてムラにならないリキッドファンデーションです。

薄く付くけど、伸ばしている最中に筋が残るようなタイプではなく、シームレスに続いて伸びるようなリキッドファンデです。

いわば美容液を伸ばすような感じ。この手のタイプのリキッドファンデは、傾向としてうまくシミや毛穴をカバーしつつ、薄く均一に伸びてくれます。

この際に注意したいのは、肌悩みも100%を追い求めないこと。

多くの女性は完璧にシミや毛穴、クマなどを隠そうとしてしまいます。ですがそうすればするほど透明感は落ちます。

実際に他人の目から見た場合、肌悩みは100%消していても80%くらいでもほとんど分かりません。まあ分かるとしたら近距離で見つめられたときくらいです(笑)

他人の目なんてそんなもので、むしろ自然な仕上がりで収まって透明感は増します。決してピッチリ塗り尽くした肌が綺麗だとは限らないことを覚えておいてください。

下地を変えれば透明感は一気に増す!

ここまで書いてきたことを簡単にまとめると…

素肌が綺麗じゃないとファンデーションで透明感は出せない!!

ということ。

じゃあどうすんのよ?諦めるの?

ってことでもありません。

下地

これで透明感はかなりアップします。

1.素肌の色と大差ない下地を使う

化粧下地でカバー力を求める人がいますが、下地でカバー力が強いものは透明感を打ち消します。

透明感を出すには、なるべく肌の色と近いものを使うこと。これが重要です。素肌感が出せるものです。

素肌の色を明るくしたり濃くしたり色が変ってしまうと透明感が出ません。素肌の色と近い下地を使うことで、素肌が持っている透明感の無さを違和感なくカバーできます。

確かに塗っている…とすぐに分かる下地はダメです。

2.ふんわりしたテクスチャーのものを使う

いわゆるリキッドタイプはダメです。リキッドは透明感を出せませんよね。それと一緒です。

伸ばしたときにホイップした生クリームかのようにふわっとしたテクスチャーの化粧下地がベスト。油分感がなく、水っぽさもない。肌に吸い込まれるようなテクスチャーの下地がいいですね。

こういうタイプは下地は適当に塗ってもムラになりません。肌に消えるように馴染むので、塗っているところとそうでないところの差があまり出ません。

透明感のベースを作る化粧下地候補

素肌に自信がない、化粧崩れを起こしやすい人に最適。通常の化粧下地と違い、かなり科学的な技術が使われており素肌感とその維持はなかなかのものです。

  • 通常の化粧下地とは仕様が全く別
  • アメリカ発の浸透技術が透明感を演出
  • 化粧崩れがかなり防げる

通常の化粧下地の感覚とは100%別物です。下地の概念が変わるかもというくらい。

その理由がアメリカ発の浸透技術。このブランドは他コスメと違い薬の浸透技術がベース。そのためスキン化化粧品全般で、肌表面にベタッと残らず、内側から押し出すような仕上がりが特徴です。

この技術が肌表面をできるだけ厚くせず、問題のある色ムラ肌を均一に自然に仕上げてくれます。高い浸透技術がヒアルロン酸など保水性が高い成分をしっかりキープ。塗った直後だけの仕上がりではないのが他とは違うところ。

肌表面を塗ることで誤魔化すのではなく、内側の角質層内部から素肌感を変えてしまう化粧下地。この上からならリキッドの薄付き、パウダーファンデーションのどっちでも透明感を出すことができますよ。

POINT!
非常にホイップでめちゃくちゃ自然に仕上がるのにカバー力も結構あります。透明感出したいならこれが一番近道だと感じています。スキンケアラインも同時に使うと毛穴ケアもはかどります。

透明感100%ではないけどカバー力重視ファンデーションなら

リキッド系で薄めに塗って自然な肌色になるのならこれも候補の一つ。しっかり塗ると透明感が消えますが、ほどほどなら自然なツヤを演出してくれます。肌悩みの深さ次第じゃないかと。

  • カバー力ほどほどで透明感も維持
  • 美容液仕立てでムラ・マット感が出にくい
  • 毛穴を自然に埋めて透明感アップ

むちゃくちゃカバー力が強いわけじゃありません。そういうのはマット感が出て透明感が絶対に出ません。マキアレイベルのファンデーションは6割が美容液。伸びが良くてどうやっても薄付きになりますね。これがポイント。下手に塗りすぎることがありません。

それでいて必要十分なカバー力があります。ベタッと埋めて隠すのではなく、うまく散らした感じで隠してくれます。そのため綺麗な肌のキメ感を再現したかのような仕上がりに。

UVカット、美白作用もあるので、普段のメイクがそのままスキンケアになるのもいいですよね。価格もお手頃。

POINT!
気になるカラーですが、最初に一色選び購入すると、5色のサンプルが届きます。もし気に入った色が他にあったら交換もできるのでかなり試しやすいです。

本当に透明感を出したいなら肌水分量を増やせ!

100%の透明感を出すのはファンデーションじゃ無理?

もしあなたが、パウダーファンデーションだけの本当の透明感を出したい場合は、肌状態を変えるしか方法はありません。

こう書くと無理っぽい感じがしますよね。でも程度によってはそれほど難しくありません。

女性は美容知識も関心も非常に高いですが、知識の上積みで間違ったスキンケアが横行しています。これをやめるだけで肌が見違えるほど綺麗になる人が多いんですよ。

ポイントは肌水分量です。

もうこれ1つだけ考えておいたらO.K.です。ややこしいことは不要。

  • シミ
  • 毛穴
  • クマ
  • ハリ
  • シワ

これらは全て肌水分量の低下から発生、もしくは悪化します。

化粧品や美容テクニックで魅力的なのがあれこれありますが、絶対に基本であるUVカットができていれば、あとは肌水分量さえ維持できたら肌悩みはほとんど消えるはずなんです。

あなたは透明感が何か知ってる?条件は3つあるよ

そもそも透明感って何?

みなさん、透明感をファンデーションで出したい!と言っていますが、透明感って具体的にどういったものか分かりますか?

多くの女性は「ツヤ」をイメージしていますがそれは違います。

ツヤをイメージしているからファンデーションの塗替さねで何とかしようとしてしまうのです。

リキッドファンデを塗って、上から透明のファンデーションを塗れば透明感が出るのでは?という人もいましたがそれも違います。それだとテカリです。

では肌の透明感って何か?って言うと、

  • 肌から透けて見える水分量の多さ
  • 肌のキメの細かさによる光の乱反射
  • 適切な皮脂量

この3つです。

この3つが揃うと、素肌レベルで透明感が出ます。

スキンケアを変えてうまくいくと、本当にむちゃくちゃ透明感が出ますよ。ビックリするくらい。自然にファンデーションが薄付きになりますし、急にパウダーやミネラルファンデが合うようになります。

この透明感の秘訣を支える3つの条件は、肌水分量を増やす、維持するケアで作られるんです。

ガッサガサの乾燥肌の人の肌は濁っているでしょ?

肌水分量を増やせば透明感が高まる?

肌水分量が十分高まり維持されると、当然肌水分量そのものが肉眼で分かるようになります。

分かるの?そんなの?

と思うでしょうが、確かに微妙ですが違いは分かります。透明感がないほうが白浮きしたような、嫌な白さが肌色にあります。

乾燥肌がひどいと粉吹きしますよね。そのときの肌って白っぽいじゃないですか。これは水分量が少ないのと、角質が浮き上がっているためです。仮に霧吹きで水分を吹き付けて水気を拭き取ると、その瞬間だけは肌色が正常になりますよね。肌水分量が透明感を出しているのが分かりませんか?

【超重要】肌のキメが透明感をむっちゃ作る!

肌のキメで透明感が高まる?

肌のキメってよく言いますが、正確に理解している人はあんまりいないのかも。

イメージとしては、キメが荒いのがサッカーボール。細かいの蜂の巣です。

つまり、六角形じゃないですが、ああいった1マスが小さくて詰まっているのがきめ細かい肌。皮丘という角質の盛り上がりの周囲にある溝。皮溝がより細かく縦横無尽に走っている状態です。

ではなぜキメが細かいと透明感が出るのか?

ツルツル透明のガラスと、細かい溝が入った透明のガラス。

比べるとツルツルのほうが光って見えますが、角度を変えると光っている部分が変わって安定しませんし、何よりこれは「テカリ」ですよね。

逆に細かい溝が入ったガラスは、傷があって一見汚く見えます。しかし、角度を変えてもテカらず安定しています。

細かい溝が光を細かく乱反射しているからです。実際の肌は肉眼でわからないほどの浅くて細かい溝なので汚くは見えません。そしてこのように光を乱反射すると、肌の色がはっきりと出て、安定した綺麗な色を発色します。

細かいキメと適量の皮脂がキレイな輝きを生む!

皮脂量と肌水分量の関係は?

まず皮脂は透明感に不可欠です。

確かに皮脂が多いとテカリ、皮脂くずれの原因となりますよね。でも皮脂がないと透明感は出ません。

オイルも非常に薄く伸びれば適度な「ツヤ」が出ます。

透明感がそこそこ出るリキッドファンデーションにも当然油分が含まれています。水分だけだと透明感は安定しません。

しかし問題なのはやはり、テカリ、皮脂くずれです。

テカリは肌のキメが解決します。

テカる原因は、皮脂が多いだけじゃなくてベタッと広がってしまうからです。さっきのガラスの話です。

両方それぞれのガラスにサラダオイルでも垂らして伸ばしてみましょう。

ツルツルのガラスは油がベタッと広がってテカってしまいます。でも溝があるほうは、溝に油が入り込み蓄えます。

するとガラス表面のオイルがキラキラ細かく光を反射します。

オイルは一点に広がると大きく光を反射してテカリを生みます。でも細かく存在するオイルは透明感を輝きを生むのです。

ファンデーションに頼らない透明感はセラミドを守れ!

どうすれば肌水分量を増やして透明感を増やせるの?

まず化粧水は関係ありません。使ってもいいですが、意味のある化粧水というのはほとんど発売されていません。

なぜなら、肌水分量は内側からの水分で決まるからです。

そして、その内側から染み出してくる水分を、いかにたくさん、いかに長く肌に留められるか?が肌水分量を決めます。

その重要成分がセラミドです。

セラミドはいわば肌のスポンジみたいなもの。体の内側から上がってくる水分を、しっかり受け止めてキープします。だからセラミドが足りていない肌は水分が素通り。これが乾燥肌です。

いくら化粧水でバシャバシャとやっても無駄。セラミドが増えないとすぐに蒸発してしまうからです。

つまり、素肌に透明感を出すための肌水分量は、とにかくセラミドを増やす、そして減らさないことです。

女性はセラミド不足?洗顔のやり過ぎに気をつけて

セラミドの増やし方は?

女性は男性より乾燥肌が多いですよね。

この理由は肌の厚みと皮脂量が関係していますが、一番重要なのは洗顔です。女性は洗顔をやりすぎている傾向が非常に強いのです。

洗顔は皮脂汚れ、クレンジングはメイクを落としますよね?これって両方とも油分。

そして厄介なことにセラミドも油分なんです。油分だけど水分をくっつける不思議な成分がセラミド。

洗顔の洗浄成分は最初皮脂やメイクを落としにかかります。それらが落ちてくると、今度は肌内部に作用しだしてセラミドを落としだします。

洗顔をすると必ずセラミドは減ります。でも多少は大丈夫。寝ている間に増えるからです。

しかし、美容のためと時間をかけて洗顔、クレンジングをしていると、どんどんセラミドが洗われて減っていきます。

肌をこすればもっとセラミドは減ります。でも、優しくやっても時間をかけすぎればアウト。お風呂でも長風呂すると肌が乾燥するのはそのためです。洗顔料を使うとなおさら。

だからまず、女性は洗顔をもっと短い時間で終わらせるのが重要です。特に毛穴汚れが気になるからと長時間洗っていると、セラミドが不足して余計に毛穴が開き、皮脂も多く出て逆効果なんですよ。

セラミドコスメ以外にもあるすごい肌水分量コスメ

セラミド化粧品じゃダメなの?

セラミド化粧品は、ヒアルロン酸やコラーゲンのそれと違い、しっかりと意味を成す成分です。なので透明感ケアにとても役立ちます。

ヒアルロン酸やコラーゲンはナノ化させれば角層に浸透しますが、セラミドと違い安定性に欠けると感じています。持続力が明らかに違うんですよね。実際に使ってみると。そしてテカりやすいです。

だからメインはセラミドがベスト。保湿化粧品でセラミドを主体にしているものを毎晩のスキンケアに使ってみるのがおすすめ。

もしくは、医薬部外品もいいですよ。

ライスパワーエキスNo.11という成分があります。これはセラミドを増やす作用があります。

セラミドを直接補うより実感は遅くなりますが、非常にサラッと仕上がり真夏でも快適。でも真冬でもしっかり保湿してくれます。

肌表面にほとんど何も残さないため、素肌感を失いません。透明感を上げるにはうってつけの成分なんです。

透明感を消す肌悩みは全て肌水分量にかかっている

肌水分量が上がるとシワもシミも毛穴も目立たなくなる?

シワが消えるとか、シミが目立たなくなるとか…

いろいろな化粧品がありますが、結局のところ…

  • 紫外線を浴びない
  • 肌水分量を維持する

この2つさえ徹底していれば、シワはかなりできにくくなりますし、浅いシワなら消える可能性もあります。

シミに関しては完全に消える人もいます。そもそも、肌水分量が高ければターンオーバーでシミは追い出されてできません。

毛穴もそう。乾いた肌は毛穴が広がって見えます。実際に毛穴が巨大化することはなく、大きく見える形状になってしまうだけ。ニキビ等で潰れた毛穴は無理ですが、毛穴なんて肌水分量が上がれば相当分からなくなるんですよ。

どうでしょうか?

これらの肌悩みがなくなるまでいかなくても、今より30%だけでも軽くなれば、ファンデーションの厚塗りは不要になるでしょう。そして素肌の透明感も上がり、ファンデーションのノリも輝きも格段に増します。

ファンデーションだけで透明感を出すのはほぼ不可能です。

何とかしようとすると、塗り込むことになり肌負担が増えます。それはキメを粗くしますし、乾燥も助長させます。ファンデーションだけで透明感を出すのは半分くらいにしておいて、ぜひ肌水分量アップのケアをやってみてほしいなって思います。きっと表情が変わりますよ!!

色ムラで透明感不足な人に

  • おそらく一番安心・高実感のハイドロキノンです
  • クレイ洗顔・17時間化粧水でキメを整えるのにバッチリ
  • アメリカ発の薬学博士が開発した本物

アメリカで開発された浸透技術がフルに使われているブランド。元々は医療向けの技術です。これを用いることで、通常より成分をより正確に届け、より長く作用させることを実現しています。この技術がハイドロキノンを手軽に扱えるようにしています。

ハイドロキノンはそのままだと刺激を感じやすく難しい成分です。あれだけハイドロキノンがいいとされながら、国内大手ブランドが使わないのはこれが理由です。ビーグレンは数少ない採用ブランドの中、最も技術で優れていると自信を持っています。

アメリカではハイドロキノンやレチノールと行った非常に優れた成分が広く使われています。美白化粧品っていまいちなんだよねえ…という人は、ハイドロキノンを使えば印象が変わってくるのではないかと。

POINT!
毛穴ケア向けのトライアルセットもあります。でも内容はほぼ同じなんです。違いはハイドロキノンが含まれているかどうか。クリームがゲルタイプかどうかの違いです。どっちもという人はハイドロキノンありのこちらでいいと思います。

ファンデーションの毛穴落ちや毛穴浮きなら

  • 医薬部外品のセラミド増産作用
  • 潤い増加成分をふんだんに使用
  • 高い保水ケアで毛穴を目立たなく

セラミドを増やす作用のあるライスパワーエキスNo.11を全てに配合したセラミドコスメ。さらに潤いを蓄え逃がさない工夫もされており、より高い透明感ケアが可能になっています。

毛穴の開きは肌水分量不足で起きます。ライスパワーエキスNo.11は瞬間だけでなく、長い時間かけてセラミドを増産。だから毛穴を目立たなくさせるのに最適です。

使い心地は非常にあっさり。メイクにも響かずニキビもできにくかったです。最初は物足りなさを感じますが、次第に素肌の透明感。何もつけていないときの肌に自信が持ててくると思います。

POINT!
大手ブランドですがネット専売ラインです。そして普段はありえない割引制度も。継続購入なら4回に1回同じ製品がもらえるのでかなりお得です。

黄味がかった角質くすみが透明感を邪魔しているならこれ

  • 黄色っぽい肌くすみを取り除く
  • W洗顔不要も可能なオイルクレンジング
  • 突っ張らない!セラミドを守る優しさと高いメイクオフ力が両立

安く高機能高品質なコスメを届けるアテニア。特にこのオイルクレンジングは一番人気です。

秘密は安さと使いやすさ。非常に高いメイクオフ力により時短が可能。透明感に不可欠なセラミドを極力減らしません。また黄色っぽいっくすみ原因となる肌ステインにもアプローチ。今までなかった肌ステイン対応が肌色に透明感をもたらしてくれます。

毎日自然に使うだけなので自動的に透明感ケアが完成。毎晩のメイク落としも楽ですし、乾燥原因の改善にも繋がるので言うことありません。

POINT!
2ヶ月分で1,800円ほど。安いですがオイルは4種類。香料なし、ありも選べてほとんどの人に合うクレンジングです。

聞いたこともない?なぜビーグレンが透明感を作る理由

ファンデーションを探し求めている人にとって、b.glen(ビーグレン)というブランドは聞きなれないでしすよね。

でも透明感を出すためなら軽くは検討してみるべきブランドと言えますよ。

理由は…

アメリカ発の浸透技術

ここです。

化粧品というのは浸透技術がどうかで決まります。成分というのはどこもほとんど同じ。結局はその成分をどうやって肌に届け、維持させるかが問題です。

その点でビーグレンは頭ひとつ以上抜けています。開発者の社長はアメリカの薬学博士。化粧品ではなく医薬品ベースから作られたコスメは考え方自体が違い、肌を変えることの研究から来ています。

その技術を活かしたのがヌーディヴェールという化粧下地。化粧下地に今まで足りなかったのは浸透技術ということが使えば分かります。

使ってみると驚くのがホイップクリームみたいなメチャクチャ細かいテクスチャー。そして肌に吸い込まれるようにフィットし、間違って塗りすぎても「あっ!」と思わないほど色むらを作りません。

正直、カバー力が高いわけじゃありません。でも、ニキビ跡や毛穴をごまかす力は相当なものです。

これは人の目の錯覚というか見え方を活かしているから。肌悩みを隠すと透明感がなくなります。でも薄く、周囲の肌色との段差を軽くするだけで綺麗な素肌に見えるんです。

そしてヒアルロン酸などの保水成分が角質層奥から水分を与え、独自浸透技術Qusomeが時間をかけて水分を与え続けます。

メイクした直後の仕上がりが続くのはこのため。どうやっても素肌感を失わないので透明感は維持されます。

せっかく新しいファンデーションを買ったのに透明感で不満…

そのファンデーションの本当の良さを引き出すのはヌーディヴェールかもしれないってことです。